機械式ムーブメント(MIYOTA製)の維持費やオーバーホールは? | ルノータス:国産カスタムオーダーブランド腕時計

機械式ムーブメント(MIYOTA製)の維持費やオーバーホールは?

機械式ムーブメント(MIYOTA製)の維持費やオーバーホールは?

8月 4th, 2021

通常、機械式腕時計は5-8年程度毎でオーバーホールすると、長く良い状態を保てますが、オーバーホールで最低でも1.5万円以上かかります。そこでスタンダードオートマチック、アクアオーシャン45には、兼価版で入門向けのMIYOTA821A、82S0を使用しております(出荷時、日差+-10秒以内)ので、オーバーホールの必要がある場合は、下記の価格で新品のムーブメントに入れ替えることをお勧めしております。

 

ミヨタ8215(アクアオーシャン45機械式、スタンダードオートマチック38デイトモデル) の場合
基本工賃3,850円(税込)+ムーブメント価格4,890円(税込)~ = 8,740円(税込)~(+送料)

ミヨタ82S0 の場合(スタンダードオートマチック38スケルトン文字盤モデル)
基本工賃3,850円(税込)+ムーブメント価格4,760円(税込)~ = 8,610円(税込)~(+送料)

万が一、ムーブメントの不良でも腕時計本体に合った安価な修理代、交換費で安心してお使いいただけます。

※弊社に検査で調整(歩度調整)のみでお使いいただける場合は、本体基本工賃3,850円(税込)のみで調整いたします。
※購入1年以内であれば、万が一の不良でも無料で修理、交換いたします
補償内容等に関しましては下記をご確認ください。
» 基本付属サービス