に投稿

社会人が腕時計を2本持ちするメリットについて解説します!

社会人で腕時計を1本しか持っていないという人はいますか?
腕時計を2本持ちすることは当たり前ではありませんが、さまざまなメリットを持ち合わせています。
そこで今回は腕時計を2本持ちすることについて解説します。

 

□社会人が腕時計を2本持ちするメリット

 

社会人で腕時計を2本持つのはなぜなのでしょうか?
腕時計を2本持ちする3つのメリットについて解説します。

1つ目はいつも使っている腕時計が、壊れたときのための予備になることです。
1つ良い腕時計を持っていても、突然使えなくなったときに替えがありません。
時計が必要となったときに、いつの間にか壊れていると焦りますよね。

そんなときに予備の腕時計をもっていると、心配する必要がなくなります。
1つしかもっていない腕時計が壊れたらどうしようと、一瞬でも考えてしまう時間が無駄です。
腕時計はビジネスマンの必須アイテムなので、突然使えなくなったときのために備えておきましょう。

2つ目はファッションアイテムの1つにできることです。
腕時計を複数持っている人は仕事でもプライベートでも、服装によって使い分けています。

腕時計は身体のバランスの中で見ると小さいですが、オシャレに敏感な人は必ずと言っていいほど、こだわりの腕時計を着けています。
腕時計を1つしか持っていないと、服装によっては相性がよくないという状況が起こりかねません。

季節を問わず腕元は、意外にも目立つ部分で人から見られているものです。
腕時計のフレームやベルトは種類も豊富なので、あらゆる組み合わせを楽しめます。
どんなときでも状況や服装に合わせた腕時計を着けているとオシャレに見えますよね。

3つ目に複数の腕時計を使い分けることで、個々の腕時計を傷めづらくできることです。
高級な腕時計であっても、毎日のように着け続けていると劣化のスピードは当然上がってしまいます。
せっかく無理して買ったものが、すぐに使えなくなると辛いですよね。

複数の時計をもち、ローテーションして個々の腕時計の使用頻度を減らすことによって傷みづらくなるので長持ちできます。
ローテーションをすることで、腕時計に対して飽きるのも遅くなります。

 

□仕事への意識を高めるための腕時計

 

腕時計をもつことで仕事への取り組み方まで変えられます。
たかが時計と見くびる人もいますが、時計は自分にも周囲の人々にも影響を及ぼしやすいです。
人によって効果はまちまちですが、一般的によく言われていることを紹介します。

 

*腕時計を替えると気分転換になる

腕時計を1本しか持っていないと、心のどこかでまたこの時計を着けるのかと考えたことがある人は少ないと思います。
腕時計を2本以上持っていると、そのときの気分や行く場所によって使い分けられます。

2本以上持つ人は一般的に仕事とプライベートで使い分けますよね。
しかし、仕事だけでもシーンによって使い分ける人もいます。
取引先に行くときやプレゼンをするときや、社交の場に行くときなどさまざまな状況で、それぞれ使う腕時計を分けていると意識が高いという印象を与えられますよね。

必ずしも必要ではないですが、気分を引き締めたり、リラックスしたりと腕時計で気持ちを作るという意味では効果的です。
気分転換は腕時計だけではなく服や靴でも同様のことが言えます。
自分が特に好きなアイテムを複数持ち、気分転換のスイッチを押せると良いですね。

*仕事への集中力を上げてくれる

 

最近は時間を確認するときにスマホを使う人が多いですが、仕事中では時計を見る方が時間に対してシビアに捉えられるという人は多いです。
腕時計を見て仕事をすることで、より時間に対する意識が強まり短い時間で集中して仕事を終わらせられます。

集中して仕事を早く終わらせられるという姿勢を評価されて、昇格する可能性もありますよね。
側から見てもスマホを見ているより、時計を見ている方が心証が良いです。

特に取引先の相手の前では振る舞いの一挙手一投足が重要なので、時間を見るときにスマホを見るという動作一つで相手の印象を損ねてしまうという可能性があります。

 

*時計に見合うように努力できる

 

奮発して買った高級な時計を持っていると、それだけで自分に自信が沸いて振る舞いにも表れてきます。
良い時計を持っているとそれに見合うように頑張ろうという意識が自然に湧いてきて、努力を重ねて成功者と言われるようになった人も多くいます。

成功者が話すときに自信をもった話し方をすることにも、腕時計が多少の影響を及ぼしているかもしれませんね。
毎日着けるわけではなく、重要なプレゼンのときなど勝負アイテムとして取り入れている人もいるので真似してみるのも面白いでしょう。

 

 

□まとめ

 

腕時計を2本持ちすることについて解説しました。
腕時計を2本持ちすることで仕事でもプライベートでも自他共にポジティブな影響を及ぼします。
腕時計を2本持ちするか悩んでいる人は是非この記事を参考にしてみてください。

に投稿

腕時計をプレゼントするおすすめシチュエーション

記念日でプレゼントを渡す場面は、どのようなシチュエーションが理想的ですか?
腕時計の種類や渡し方、タイミングなど悩むことが多いかもしれません。
せっかくなら思い出に残るようなプレゼントを送りたいですよね。
そこで今回は「男性から女性へ腕時計を送るシチュエーション」について詳しく解説します。

 

□イニシャルや名入れの腕時計はバレンタインデーにおすすめ!

*腕時計をプレゼントする意味

バレンタインデーや結婚記念日など人生には多くの記念日がありますよね。
腕時計のプレゼントは、さまざまなシチュエーションで喜ばれます。
特に、腕時計のプレゼントには、「一緒に時を刻む」という意味があるとされています。
おそらく人生においても、大切な時間を刻む腕時計だからこそ、そのような意味が込められているのでしょう。
最近では、記念日にペアウォッチを選ぶ方も多くいらっしゃります。
一方で、腕時計はプレゼントする場面によって選び方のポイントが変わります。
恋人の誕生日や記念日のプレゼントならブランド時計を選んでも良いですが、贈る相手が友人関係の場合は高価すぎると負担になる可能性があります。
そのため、前もってプレゼントする相手の好みを把握しておくことが大切です。

 

*腕時計がプレゼントとして選ばれる理由

・「長く使える」
・「種類やデザインが豊富」
腕時計はビジネスの現場だけでなく、プライベートでも必須のアイテムです。
せっかく相手にプレゼントするなら、「長く使い続けてほしい」ですよね。
特に、腕時計は他のプレゼントに比べて長く使用できるメリットがあります。
また、種類によっては冠婚葬祭のように各種行事など、使用するシチュエーションが頻繁にあります。
とはいえ、値段の幅は1000円〜100万円以上するブランド時計までさまざまです。
しっかりとした品質で、高すぎない時計を選ぶことが大切と言えるでしょう。
さらに、腕時計は「種類やデザインの豊富さ」が大きな魅力です。
腕時計の色やデザインには、数え切れないくらいの種類が存在します。
そのため、相手の年齢や好みに合わせたプレゼントが可能です
ご予算に合わせてお相手にぴったりな腕時計を選んでみてはいかがでしょうか。

 

*バレンタインデーや結婚記念日にぴったり!

それでは、記念日にどのような腕時計が好まれているのでしょうか。
プレゼントとして人気があるのは、イニシャルや名入れの腕時計です。
「バレンタインデー」や「結婚記念日」でイニシャル入りの腕時計を貰えば、忘れられない贈り物になるでしょう。
特に、腕時計は日中肌身離さずにつけられる特徴があります。
時間を確認するたびに名前が目に入るため、いつも相手を意識するかもしれません。
また、腕時計にはイニシャルだけでなく、メッセージも刻印可能です。
プロポーズや感謝の言葉を文字盤に刻印された腕時計は、2人の絆を確かめられます。
「一緒に時を刻む」という意味のように、生涯の伴侶への贈り物として最適ですね。
ただし、2人のイニシャルを刻んでプレゼントする場合、夫婦や恋人同士のように明確な関係性が一般的です。
「一緒に時を刻む」というロマンチックな意味が込められている反面、関係性が微妙な場合、誤解を与えるプレゼントになりかねません。
内容次第で印象が変わるため、プレゼントする際は注意が必要です。

 

□日付の刻印は幅広いシチュエーションで使用される!

・誕生日や記念日
・昇進祝い
メッセージとは異なり、日付の刻印は一目で伝わるメリットがあります。
また、渡すシチュエーションもプライベートだけでなく、各種記念日や昇進祝いなどさまざまな場面にぴったりです。

 

・誕生日の日付を刻印する
文字盤の刻印で最もポピュラーなのは、「誕生日」の日付です。
誕生日が刻印された腕時計を貰えば、男性でも嬉しいですよね。
もし刻印する文字で迷った場合は、記念日の日付をおすすめします。
誕生日に次ぐ人気のシチュエーションは、各種記念日です。
女性は大切な人からプレゼントされれば嬉しいですが、2人だけの特別な記念日が刻まれた時計を貰えば、喜びもより大きいです。
最近では、記念日を文字盤に刻むために、オーダー腕時計を依頼する方が増えてきています。
彼女のプレゼントとして腕時計を検討してみてはいかがでしょうか。

 

・昇進記念日
また、腕時計は仕事の成功を祝福するプレゼントとしてもおすすめです。
例えば、長期間準備していた企画の成功や昇進記念日に贈ると喜ばれるでしょう。
とりわけ、腕時計はビジネスウェアの一部として、仕事の現場で必須のアイテムです。
腕時計を見れば成功経験を思い出せるため、仕事のモチベーションにもつながるでしょう。

 

□まとめ

今回はプレゼントにぴったりなシチュエーションについて紹介しました。
この記事で紹介したシチュエーションを参考にしてみてはいかがでしょうか。
ただし、メッセージを刻印する場合、フォントや文字数に注意しましょう。
相手にとって思い出の残るすてきなプレゼントになると幸いです。