腕時計は何本持っているのが普通?複数持ちするメリットを紹介します

2020年10月2日

スマートフォンの登場により、昔ほど腕時計を重要視されなくなった方も多いのではないでしょうか。
そんな腕時計ですが、腕時計を付ける魅力や、複数の腕時計を所有しておくことで得られるメリットがあります。
そこで今回は、腕時計を複数持ちするメリットについて紹介します。

□そもそも腕時計は必要なの?

「スマートフォンがあるから、腕時計は必要ない」
このように考えられている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、営業や接客業のような対面でのコミュニケーションが必要な仕事をしている方にとっては、マナーとして腕時計が必要になるでしょう。

また、腕時計にはスマートフォンにはない魅力がたくさんあります。
社会人にとってなぜ必要なのか、また腕時計の魅力をいくつか紹介します。

はじめに紹介する魅力は、手を少し動かすだけで簡単に時間を確認できる点です。
もしスマートフォンで確認しようとすると、その都度画面を触ることになり、相手に不快感を与えてしまうかもしれません。

ビジネスの場では相手に失礼だと思われるだけで、望まない結果に終わってしまうこともあるので、礼儀は非常に重要です。
そのためマナーとして腕時計を所持しておくと良いでしょう。

また、腕時計の方がスマートフォンより時間認識に優れていると言えます。
スマートフォンの場合はディスプレイ上にデジタル表示やアナログ機能表示されるので、視認しにくいときがあります。

それに比べて腕時計は、文字盤を見れば一目で時針や分針、秒針がわかり、またクロノグラフ機能やデイト表示を備えているものもあるため、時間の認識性において非常に優れているといえるでしょう。

さらに、ビジネスマンにとって腕時計はステイタスになるので、目上の方は高級な腕時計に精通している傾向にあります。
そのため、手首にちらりと見える腕時計は話のきっかけにもなりやすく、コミュニケーションにも役立つ可能性があります。

それに加えて、スーツで身を固めるビジネスシーンでは遊び心を出せるところがほとんどありません。
しかし、その中でも唯一ファッションとして遊び心を楽しめるのが腕時計です。
腕時計で自分らしい個性を出せるとも言えるでしょう。

以上、腕時計の持つ魅力について紹介してきました。
腕時計が必要ないかもしれないと思われる時代だからこそ、比較して腕時計の良さが認識されやすいというわけですね。

□腕時計を複数持っている人は多い

時計を複数持つような人は、お金持ちだけというイメージがあるかもしれません。
しかし、比較的金銭に余裕のない若い20代という世代に限定してみても約8割の方が2本以上の腕時計を所有しているというデータがあります。

60代以上に限定してみると、女性の5%、男性の11%の方が10本以上の時計を所有しているというデータもあり、幅広い年齢層で複数の腕時計を所持していることがわかります。

 

□腕時計を複数所持することのメリットとは?

上記の通り、たくさんの方が複数の時計を所持しています。
それは多くの人が腕時計を複数持つことにメリットを感じているからでしょう。
それでは、そのメリットとは一体どのようなものなのでしょうか。
主な3つをご紹介します。

 

*腕時計の脱着でオンオフの切り替えに

普段は会社に勤務するときはスーツで身を整えていても、休日や家にいるときはカジュアルで楽な格好をすることで、オンオフを切り替えている方が多いでしょう。
人間は、自分が身に付けているもので大きく気持ちのありようが変わります。
腕時計も、ビジネスシーン用と休日用を分けて使うとオンオフをより切り替えられるのでおすすめです。

 

*腕時計で個性を出せる

腕時計は小さいアイテムですが、文字盤、ベルトには様々な種類があり、どんな時計を選ぶかでその人の個性がでます。
また、たくさんの種類があるために使うシーンによって合うデザインと合わないデザインに分けられるでしょう。

複数の腕時計を持っていると、シーンによってふさわしい時計を身に付けられるので、ファッションの一部としてオシャレに演出できます。
そのうえで、自分が相手に与えたい印象を腕時計で表現することで、小さくオシャレに個性を出せるでしょう。

 

*複数あると壊れたときの予備になる

ビジネスマンにとって、スマートフォンで時間を確認することは失礼になるので腕時計は必須であると先述しました。
しかし、腕時計は機械である以上いつ調子がおかしくなるかはわかりません。
大事な商談やプレゼンが控えている日の朝に、腕時計が壊れているというハプニングが起きる可能性もあるでしょう。

こういったもしもの事態に備えて、予備のモノを用意しておくというリスクマネジメントができると、社会人として認められやすいですよね。

以上、腕時計を複数所有するメリットについて見てきました。
腕時計を持っていないという方はまずは1本、1本しか持っていないという方は是非2本目の購入を検討されてはいかがでしょうか。

□まとめ

腕時計は必要なのか、複数の腕時計を持つメリットとは一体何か、ということを見てきました。
スマートフォンで簡単に時間を確認できる時代にはなりましたが、腕時計は多くの方にとって依然必要なアイテムなのではないでしょうか。
腕時計の購入をお考えの方は、是非当社にご相談ください。

RENAUTUS - カスタム ウォッチ ルノータス

ご注文仕上がり予定日


発送予定